【音楽チャンプ】琴音さんのハスキー声に大人の心がざわつく理由とは

また観てしまった「音楽チャンプ」。やっぱりみなさん上手でしたね。今回は「上手な人」の中からとびぬけた表現の高校生がいました。大人が聞くとなぜかなつかしい。そしてせつない。会場がざわつくのは遠い記憶のせいなのか。

【音楽チャンプ】未完成の楽器のような声を持つ高校生琴音さん

高校一年生だそうですが、笑わない。

無表情です。

Mステのスタジオから

裸足で駆け出した

「コッコみたい。。。」と思いました。

歌声はまだ磨いている途中の楽器のようですね。

平原綾香さんの「明日」をはじめて聴いたときも

「楽器だ」

と思いましたが、

平原さんは音大で基礎からびっちり勉強して

さらにサックス奏者でもあるので

マジで楽器っぽいですが

琴音さんは未完成の楽器、という感じですね。

スポンサーリンク

思い出したのは森田童子・フランソワアルディ・サリュー

それにしても

「どこかで聴いた声。。。」
と、もやもやしながら見ていました。

昔、アサヤンというオーデイション番組で

のちにケミストリーとなる堂珍さんの声を聴きながら

「誰かに似てる」ともやもやしてたあの感じ。

デビューされてから

ああ山下達郎さんか。。。と気づいてスッキリしましたが。

琴音さんの声は、

昭和40年代のフォークの女子とか

シャンソンとか

フレンチポップスの要素があるのかな。。。

「麗子像」を歌う森田童子さんや
「異邦人」の久保田早紀さん。

フランソワーズアルディの「もう森へなんか行かない」

みたいな。

会場の大人たちが
ざわつくのも

音程とかリズム感とか表現力ではなくて

あの「声」のせいですね。きっと。

個人的には
サリューのプラットホームを思い出して

なんかぐっときました。

まあ、関係ないけど見た目は
反抗期だった頃の

工藤静香さんのようにも見えました。

次回は審査員たちが
聴いて泣いちゃうみたいです。

「ひととしゃべるのも苦手で
歌がなかったらどんな人生だったか」

とかいうストーリー性も一役買ってますね。

ポール・ポッツか!

次回の音楽チャンプは
丸山純奈ちゃんの薬師丸ひろ子も

聴けるし
また観たい気がします。

ただ、

音楽チャンプが
ラストアイドルの翌日なので

どうしても比較してしまう。。。

ラストアイドルに
ご出演の
すべてのグループ、

かわいいけど
歌が・・・

ダンスはええねんけど。。。

丸山純奈デビュー曲「ドラマ」無料配信はこちら〔音楽チャンプ〕

【音楽チャンプ】琴音さんの歌声の破壊力がスゴイ!スタジオ号泣
【音楽チャンプ】丸山純奈さん次の課題曲は映画「Wの悲劇」主題歌

ウルトラオーディショ ン結果速報!優勝POLU 丸山純奈とは【Mステフェス出演決定】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする