【顔も体も紫外線対策】SPFとPAの違いを知って日焼け止めを選ぶ


SPFとPAの違いとは?紫外線対策に日焼け止めは常識ですが、最適なアイテムを選べていますか。「NHKきょうの健康」テーマは紫外線予防。大学の皮膚科専門医の先生がしっかり教えてくれました。

スポンサーリンク

SPFは紫外線B波を防ぐ。PAは紫外線A波を防ぐ。

紫外線にはAとBふたつがあるということはご存じですよね。
実際はもう少し種類があるのですが、

一般的に日焼け止めを購入する際には、
紫外線対策としてこのふたつを気にしておけばいいと思います。

ではSPFとPAの違いとは?具体的にみていきましょう。

SPFで防ごうとしている「UV-B」とは?

紫外線B波は

肌の表面にまでしか届かない波長の短い紫外線です。
UV-Bが肌表面をこんがり黒くしたり
赤くしたりするわけですね。

B波は肌の奥、真皮層には届きません。

肌表面が
赤くなったり黒く日焼けしたりするのを
防ぐために、必要なのが

日焼け止めに書かれたSPF値。

SPF値は10~50まであります。

50が一番紫外線Bを防ぐ値なのです。

PAで防ごうとしている「UV-A」とは?

紫外線A波は

肌の表面を抜けて
その奥、真皮層まで届く波長の長い紫外線
です。

真皮層には肌細胞がぎっしり。
ここにうるおいを溜めておいたり
新しい肌をつくったりするところです。

ところが
UV-Aが肌細胞に影響を与えると

顔のしわやたるみの原因と
なってしまうのです。

「光老化」
と呼ばれるもので、

顔たけではなく、腕なども同じ、
しわしわ、たるたるになる
というもの

日焼け止めに書かれたPA値は

+~++++まであります。

++++が一番紫外線Aを防ぐ値なのです。

SPFとPAの違いはこういう意味だったのですね。

日焼け止めで完璧に紫外線対策をして同窓会で差をつけよう!

しわやたるみなどの肌老化は
加齢によるものだから
仕方ない、、、と思われがちですが

日焼け止めなど紫外線対策をしっかりする

適当にする、

の違いで

顔の肌老化のスピードが違う、
ということに。

だから、ミドルの同窓会に行くと、

多くのしわとたるみのおばさんの
中に、たまにきらっと

黒木瞳さんや君島十和子さん
みたいな人がいるのですよね。

紫外線対策は重要。でも紫外線はビタミンD

紫外線にはビタミンDが含まれていて
摂取したカルシウムを定着させて
骨を強くするという働きがあります。

だから日焼け止めを塗って

朝の散歩を30分、などは有効です。

しかし、浴び過ぎると
免疫力が低下して

口唇ヘルペスができることも。
さらに白内障の原因ともなるので

サングラス・帽子・日傘などで
しっかり紫外線対策を。

スポンサーリンク

SPFとPAの「値」はシーンで使い分ける

(c) .foto project

番組ではSPFとPAの違いを説明した後、

専門の先生は

シーンで日焼け止めの

SPFとPAの値を選ぶように、と
おっしゃっていました。

◎買い物など日常生活

SPF10~20
PA+

◎軽いレジャー

SPF20~30
PA++~+++

◎マリンスポーツ

SPF40~50
PA++++

がおススメ、ということでした。

日焼け止めの正しい塗り方!すりこまないこと

日焼け止めって白くてべたつくから
ついついすりこんでしまいがちですが
先生がおっしゃるには

日焼け止めをすりこむのはNGとのこと。
効果半減するそうです。

理想は

◎日焼け止めクリーム
・・・パール2個分

◎日焼け止めローション
・・・一円玉2個分

を、
うすーく白さが残る程度に
そーっと塗り伸ばすこと!

えっっ!

日焼け止めすりこんじゃってたよっ。

という人多いと思いますが

1時間もたては、
肌となじんで
白さは消えるのだそうです。

紫外線対策のための日焼け止めアイテムはたくさんあります

各メーカー紫外線対策のための
日焼け止めアイテムは
たくさん発売されています。

オーソドックスなのは、
日焼け止めクリームや

日焼け止めローション。

お好きなテクスチャーや
ブランドで選ぶとよいでしょう。

ちなみに2017年夏、人気があって売れているのは

アクセーヌ スーパーサンシールド EX

資生堂 アネッサ パーフェクトUV アクアブースター

コスメデコルテ / サンシェルター マルチ プロテクション

ビオレ / アクアリッチ ウォータリージェル

ランコム / UV エクスペール BB
といったところですね。

以上【yahoo!ショッピング】
ランキング参照資料※@コスメ

まとめ

SPFとPAの違いとは

紫外線Aを防ぐ値が「PA}

紫外線Bを防ぐ値が「SPF」

の違いでした。

シーンによって最適な日焼け止めを選んで
顔だけでなく体も
しっかり紫外線対策したほうが

「光老化」防げるからよいとのこと。

エイジングケアの重要ポイントでもある
紫外線予防対策、きっちり
やっておきたいですね。

スポンサーリンク

サングラスに美白効果?目の紫外線対策グッズが肌の日焼け止めに影響