コーヒー効果で美白美肌に?肌荒れは?ポリフェノールの美容効果とは


(c) .foto project

コーヒーには美容効果があり、美白美肌になるのではと話題です。しかしカフェインが肌荒れやニキビの原因ともいわれています。コーヒーを飲むことでシミが防げるなら飲みたいと思いますが、実際はどうなのでしょうか。

スポンサーリンク

コーヒーで美白美肌!健康・美容効果が注目されています

コーヒーのカフェインは肌荒れの原因と考えて飲まない方も多いのでは?
さらに世間は「白湯」ブームでもあります。

私はもともとコーヒー好きなので気にせずいつでもどこでも「飲む派」なんですよね。

しかし肌が白いか、シミがないか、というとそんなことはありません。
高機能ファンデやコンシーラーが必要な肌であります。

ただ、最近になってコーヒーの美容効果、
ポリフェノールの働きが話題になっているのも知っています。

つまり、一日適量飲むと少しは美肌効果、ありそうな気もします。

ポリフェノールがシミを予防?「活性酸素」にアプローチ?

コーヒーのポリフェノール「クロロゲン酸」というのがポイント。

ポリフェノールには活性酸素を除去する働きがあるのはご存じですよね。
紫外線を浴びた肌は「活性酸素」が発生します。

体は「活性酸素は老化する!マズイ!」と知っているので
防護作用で「メラニン」を生成してそれに対抗しようとします。

で、結果シミ・そばかすになるわけですが、
ポリフェノールはその「活性酸素」にアプローチするんです。

つまり直接シミに効く、肌を白くする、
とかいうわけではなくて、

コーヒーにはポリフェノールが含まれている

ポリフェノールはシミの原因となる「メラニン」生成を抑制する

メラニン生成できなければシミにならない

シミを防いで美白美肌に

つまりコーヒーには美容効果がある

という流れになっているんですね。

本気でシミを防ぐ飲み物を求めるなら
ビタミンCやβカロテンたっぷりの美容ジュースの方がよさそうです。

でも、コーヒーもシミをまあまあ防ぐかも、
程度に考えておけばいいのかもしれません。

コーヒーのメリット&デメリットいろいろ「カフェインに脂肪燃焼効果」

「@DIME4/25号」では【コーヒー健康効果】を
紹介しています。

◎セロトニン、ドーパミンなどの分泌を促して気分を高めるなど
脳への健康効果が期待できる
◎血糖値を一定に保つ機能の低下を抑える
◎ 脂肪を燃焼

などを上げています。

注目すべきは脂肪燃焼効果ですね。
ダイエットにはいいかもしれません。

ただし、空腹時は胃腸にはよくない気もしますね。
カフェインの覚醒効果で眠れず肌荒れ、ということも。

ダイエットに効きそうとガブ飲みして
肌ガサガサでニキビだらけでは
意味ありません。

スポンサーリンク

飲みすぎNG!カフェインが肌荒れ・ニキビの原因に

コーヒーの美肌効果には期待が高まりますが、
一方で、カフェインを問題視する説も。

コーヒーにはカフェインが比較的多く含まれます。
カフェインはビタミンCを破壊したり、利尿作用などにより
ミネラルを排出してしまう、代謝を悪くするので避けましょう、

という美容家さんもいます。

もちろん飲みすぎると胃腸に負担がかかって肌荒れしたり、
皮脂分泌を増やす作用でニキビの原因にもなります。

当然ですが
妊婦さんやニキビや肌荒れが気になる方、
体調に問題のある方はコーヒーは避けてノンカフェインのドリンクを。

そうではない方は一日2杯程度なら、
ある程度美容効果を期待しつつコーヒーのおいしさを味わえると思います。
ただし、ブラックで。砂糖やミルクを入れたら逆効果ですよ。

まとめ

◎コーヒーの効果で美白美肌に、美容効果があるといわれる意味は
コーヒーのポリフェノールがメラニン生成を抑制するから。
◎カフェインには脂肪燃焼効果やさまざまな健康効果もある
◎一方で肌荒れやニキビの原因にも
◎妊婦さんや体調に問題のある方、ニキビや肌荒れが気になる方は飲まないでください
◎一日2杯が適量

コーヒーに関してさまざまな研究がされており、
今後もまた新たな効果が発表されるかもしれません。

しかし

本気で美容効果・美白美肌効果を考えるなら、
コーヒーの美白美容効果に期待するより、紫外線ケアや
うるおい肌ケアを徹底する方が、現実的ですね。

コーヒーは基本、香りやおいしさを
味わってくつろぎタイムに飲みたいですね。

スポンサーリンク