ポーラ新ホワイトショットsxsとcxs登場!旧タイプとの違いとは

ポーラ本気の美白研究で開発された効果的新機能で肌の透明感をぐっと高める2種類のスゴイ美容液が2018年2月登場しました。ホワイトショットsxs・cxs。いままでのホワイトショットとの違いはどこなのでしょうか。

2018年2月ポーラから効果的シミ対策化粧品「新ホワイトショットCXSとSXS」新登場!

人気の美白美容液「ホワイトショット」が全面リニューアル。

白くなろうとする肌本来の機能にアプローチ。
用途の違いがあるふたつの「新ホワイトショット」が新発売されました。

新旧の違いは「メラノサイトの渋滞を緩和してシミ・そばかすを防ぐ」新発想

年をとるとメラノサイトの動きもニブくなる?

40歳も過ぎてくると
動きがいちいち「よっこいしょ」
って感じになりますよね。

肌もターンオーバーサイクルが
遅すぎ!

になるのも知っていたけれど

メラノサイトの動きまで

スローになるのか!?

と驚きました。

メラノサイトって

本来ちょこちょこと

移動するものなのだとか。

メラノサイトとは

肌が「紫外線を浴びたよ!」

と通報すると活性酸素から肌を守るために
メラニン製造を開始!その工場となる場所です。

若いときはメラノサイトは

肌の中でよく移動して

メラニンを溜めにくいんだけど
加齢肌やストレス肌になると

「よっこいしょ」

と動きが鈍くなってくるそうです。

メラノサイトが動かないと

次から次へとそこに他のメラノサイトが

じりじりと寄ってきて・・・

メラニンがどばっと増える

ことが

わかったんですってorz

効果は明白!メラノサイトの移動を促せればメラニンの密集を防ぐことができる!「アライブクリア機能」

これまで星の数ほど登場した「美白美容液」には、

・メラニンを作る酵素を阻害するもの
・できたメラニンを排出するもの

をはじめ、

・メラニンごと拭きとるもの

まで

いろんなスタイルのアイテムが登場しています。

この新「ホワイトショット」は
ポーラの人気美容液ホワイトショットのリニューアルアイテムです。

今度は

メラノサイトが

肌の中をよく移動することで

メラニンを密集させない

=アライブクリア機能(肌本来が持つ機能)

を高める

という新シミ対策メカニズム
をどーんと投入しました。

あらためて思うに
メラノサイトって若い頃は

ちょこちょこ移動していたんですねー。

ほー。

若い肌なら
あちこち移動するメラノサイトは

一か所に渋滞することがないけれど

加齢やストレスのある肌は

動きが鈍くなって停滞しがちに。
メラノサイトが集まるメラニン工場地帯となり、メラニンをどんどん製造。。。

いやーん。

そこって、メラニン密集地!

外から見ると

「シミ・そばかす」として透けて見える、

ということではないすか!?

ポーラの「新ホワイトショットCXS・SXS」に配合された5つの高機能成分

◎ローズマリーや海藻由来のポーラオリジナル美容成分
新開発「m-Aクリアエキス」

ポーラ独自新開発の保湿成分。メラノサイトがスムーズに移動して密集を緩和、メラニンの大量発生を防いで「肌本来が持つアライブクリア機能」が高まるよう働きかけます。

◎美白有効成分と美容成分をミックスしたポーラオリジナル複合成分
「ルシノール® EX」

メラニンを作るスイッチとなるチロシナーゼ酵素を見張って見つけたら動きをブロック!「メラニンロック機能」があります。

◎ビワ葉由来のポーラオリジナル保湿成分
「SCリキッド」

子ども時代の肌って夏休みに真っ黒に日焼けしていたはずなのに冬になると白く戻っていた、という経験ありませんか?これをポーラは「セルフクリア機能」と呼び、これに働きかけることで肌本来の機能をアップ。

◎頑固な濃いシミの原因のひとつ「過脂化メラニン」に対処する「m‐シューター」「クリアノール」

通常のメラニンと比べあきらかなシミになっているところの濃いメラニンは「過酸化脂質」を溜め込んでいることが。この過脂化メラニンにアプローチします。

新しいホワイトショットは

5つも高機能成分が配合された

最先端シミ対策化粧品です。

トータルに

シミ・そばかすケアができますね。

詳細・ご購入はこちらから>>ポーラ ホワイトショット

ポーラ「新ホワイトショット」には目的やテクスチャー違いでCXSとSXSの2タイプあります

ポーラ「新ホワイトショット」には2アイテムあります。

ホワイトショット CXSとSXS。

ホワイトショット CXS

顔全体に使うならホワイトショット CXSですね。
みずみずしい系の美容液

プッシュ式。

2プッシュくらい手に取って
顔全体になじませます。

美容成分をすばやく肌の奥へ届ける

高機能なデリバリー処方によって
シュッとスムーズに

肌の奥へ浸透します。

肌表面はつるん、
きゅっと引き締まった感じに。

もちろん部分使いもOK。
その際は1プッシュでどうぞ。

【医薬部外品】(美白美容液)
リフィル 25mL ¥14,000(税込¥15,120)
ラージ リフィル 50mL ¥25,000(税込¥27,000)
ポンプ(交換用) ¥ 1,000(税込¥ 1,080)

ホワイトショット SXS

こちらはチューブタイプのクリームです。

ななめカットのチューブ先端を

直接気になるポイントへ。
少量のクリームがでるよう設計されているので

シミのスポッツケアのような

部分使いにぴったりですね。

気になる部分に
ポツンとおいて

なじませましょう。

こちらも高機能デリバリー処方なので
美容成分はすばやく浸透しますが

濃厚クリームが肌表面に密着して
薄い「ホワイト膜」を作って肌を保護します。

塗った肌はさらっとしています。

【医薬部外品】(美白美容液)
20g ¥12,000(税込¥12,960)

広範囲ケアかスポッツケアかで

選ぶアイテムが違います。

気になるのは

肌色のトーンですか?

頬のシミですか?

あなたの肌にいま必要なタイプを
選ぶといいですね。

詳細・ご購入はこちらから>>ポーラ ホワイトショット

みずみずしい系「ホワイトショットCXS」の口コミ評判は

ネットで美白美容液を探していたら、たまたまリニューアルしたホワイトショットを見つけて購入しました。見た目がおしゃれですよね。パシャパシャして肌にスーッと入っていく感じです。目の下のところを中心に使用していますが
翌朝も顔色がパアッと明るくなる気がします。しばらく朝晩使ってみてよければ高いけどリピするかもしれません(31歳)

はっきり言って期待してませんでした。でもすごい。美白には興味なかったんですがホワイトショットCXSを使ったら翌朝は肌のトーンがアップ!「えっ、これがすっぴん?」というくらい。肌がきれいだと朝から気分いいですね。化粧水みたいにさらさらしているのに肌に入ってる感じがして気に入りました(39歳)

最高によかったです!つけた後、顔色がトーンアップしててびっくり。サラサラで化粧水みたいなので、最初あまり塗った感じがしなくて不安だったのですがこの効果には、すごくびっくりしました。何歳になっても肌がきれいで白いって最強だな!って思いました(35歳)

※大手コスメ口コミサイト @コスメより抜粋要約

美白アイテムってひと月、ふた月、と効果がでるのに時間がかかりがち。

でも即効性を実感されている方が多いのが特徴的です。

短期間でパワフルな透明感アップが実現しています。

ホワイトショットCXSを詳しくみてみる>>ポーラ ホワイトショット

クリーム系「ホワイトショット SXS」の口コミ評判は

使い始めて1週間。そばかすにも早く効くと聞いてたのですがホントにそばかすが少し薄くなってます!クリームっぽいテクスチャで狙った部分にぴたっと付いてスムーズに浸透するのでベタつきません。美白ケアをいろいろしているのですが子供の頃からのそばかすは消えませんでした。塗った翌朝はつるんつるんとしていいですね(42歳)

旧ホワイトショットを愛用していて吹き出物の跡などのシミはひと月ほどで消えました。あたらしいホワイトショットSXSは前のものよりテクスチャーがやわらかくて塗りやすくなりました。すばやく浸透するのでいつまでもぬるぬるしません。これからも継続して使いたいと思います(43歳)

※大手コスメ口コミサイト @コスメより抜粋要約

ダイレクトに気になるシミに塗れて浸透が早いのでべたつかず高評価。

ホワイトショットCXSと比べてこちらを使用されている方の年齢層が少し高いことにも注目。

すでにできてしまった頑固なシミやそばかすへのアプローチに期待できますね。

ホワイトショットSXSを詳しくみてみる>>ポーラ ホワイトショット

まとめ

ポーラ「ホワイトショット」がリニューアル新発売。
新ホワイトショットはCXSとSXSの2種類あります。
違いはみずみずしくのびるタイプの美容液とクリームタイプ美容液。

新旧ホワイトショットの違いは

「メラノサイトの移動の停滞を防いてメラニンの発生を抑える」

肌が本来持つアライブクリア機能を高めるという
画期的な美白アプローチが採用されたこと。

肌奥のメラニンの密集を防いで
「冴え渡る透明肌」に。

紫外線が強くなってくるのは3月から。

シミ対策はお早めに。


ポーラ新ホワイトショットCXSとSXSの違いは成分?使い方?