サングラスに美白効果?目の紫外線対策グッズが肌の日焼け止めに影響


(c) .foto project

紫外線対策は『目』に必要です。紫外線が目に入ると悪影響があるのはもちろんですが、なんと肌が日焼けしてしまうとか?!なぜ!?美白サングラスの正しい選び方で目と肌の日焼けを防ぎましょう。

スポンサーリンク

サングラスに美白効果?!目を紫外線の影響から守ると日焼けしない?

サングラスの欲しくなる初夏。

でも、
可愛いコ-デとは合わないので、
しない人も多いですよね。

日本人の女性ってあまりしている人を見かけません。

肌の日焼け止めクリームも塗ったし、
手袋もしたし、
つば広帽もかぶって、
さらにアームカバーをして
日傘を用意した。

しかし、まさか目のUVケアをしなければ、
肌がどんどん日焼けしてくるなんて、
思ってないのではないでしょうか。

本気の美白に取り組むなら、
「サングラス」、必須なんですね。

紫外線を「見た」だけで肌が小麦色になる?!そのメカ二ズムとは

そもそも肌が日焼けする理由とは。

肌が「紫外線を浴びたよ」と脳に申告すると、
活性酸素によるダメージから
体を守るために「メラニンをつくれ」という命令がでます。

シミやそばかすが出現します。

シミやそばかすは、
つまり防衛本能の現れというわけです。

だから
紫外線対策グッズを駆使して
紫外線をなるべく浴びないように努力しているわけですが、

「目」は?

「目」も「肌」と同じように紫外線が入ると
角膜が「紫外線を浴びたよ」と

やっぱり脳に申告しちゃうので、

結局、
「メラニンをつくれ」という命令が出てしまうんです。

紫外線を「見た」だけで「肌が日焼けする」。。。

このことは、

最近になって、
大学の研究機関が発表していて確かのようです。

5月11日の「デイリースポーツ」のニュースでも、

大阪市立大学の研究チームが
「肌が紫外線を直接浴びてないとしても、
目に入るだけで日焼けしてしまう」という
実験結果を発表。

と、書いています。
昨年に
新聞でも記事になっていたみたいですね。

スポンサーリンク

白内障予防には目の紫外線対策が大切です

よく考えると、「目」って裸。

日焼け対策ゼロですよね。

近年若年層にも増えていると懸念されている「白内障」の原因のひとつも
紫外線だと言われています。

「白内障」予防に
ブロッコリーやアボカドがいい、と言われるということは、
そういうことですよね。

「抗酸化作用」
つまり紫外線によってできる「活性酸素」を
なんとかしなくちゃ。ってことです。

高齢者用の白内障予防サングラスには、
おなじみの紫外線A波B波対策のものと、
「UV-400」という
あらたな紫外線の
カットメガネも発売されています。

サングラスの正しい選び方で白肌をキープ

紫外線が最大に強くなってくるのが6月からではありますが、
実は春からすでに降り注いでいます。

私はその時期から、紫外線カットメガネを
かけるようにしています。

「目」からの日焼けを防いで美白肌を守るという理由と、
そうすると、「目の周り」の小ジワ対策にもなるからです。

紫外線の影響は、シミ・そばかすだけではありません。
シワやたるみも。

紫外線は肌老化の大きな原因なんです。


「目」も
正しい紫外線対策をすることがポイント。

100均でもサングラスってあるじゃん?
という感じになりますが、

きっちり
紫外線カット機能が高いサングラスでないと
あまり意味がありません。

色が黒いだけのサングラスでは
美白サングラスとはなりませんのでご注意を。

【POLA】美白、保湿からエイジングケアまで

まとめ

◎サングラスで美白
◎『目』で紫外線を感じると肌が日焼けする。
◎正しいサングラスを選んで紫外線対策を

スポンサーリンク

コーヒー効果で美白美肌に?肌荒れは?ポリフェノールの美容効果とは