スキンフローラとは?着目ケア「ディオール ライフ」発売日と価格帯

(c) .foto project
「スキンフローラを育てる」化粧品がディオールから発売されます。美肌菌による美肌づくりってなんでしょう?発売日や価格も気になりますね。

スポンサーリンク

スキンフローラとは、肌の常在菌のバランスなど肌環境のこと

「スキンフローラ」「スキンフローラケア」とは何でしょうか?

腸に善玉菌と悪玉菌がいるように
肌にも常在菌がいます。

そのバランスがよく、
善玉菌が活躍している環境のよい肌が
しっかりとバリア機能が保たれていて

しっとり美しい肌、ということに。

ところで
そもそもフローラって何だろう・・・と思ったので調べてみました。

「腸内フローラ」「口内フローラ」など
最近はテレビの健康バラエティ番組でよく聞くように
なりましたよね。

まず「腸内フローラ」=「腸内細胞叢(そう)」。

「細菌叢」が英語で「フローラ」となっています。

「叢(そう)」は「くさむら」という意味で、
腸内には善玉菌や悪玉菌、さまざまな菌がびっしりいるというイメージ
なんですね~。

フローラは分類学の用語で植物群集を指す。
かつては細菌が植物の中に分類されていたため
(ヤクルト中央研究所「健康用語の基礎知識」から抜粋)

さまざまな細菌が上手にバランスをとっている状態が
つまり「腸内環境がよい状態」っていうことですよね。

スキンフローラを整えると肌環境がよくなります

「スキンフローラ」もまた同じような意味です。

肌に常在菌がいて、善玉菌と悪玉菌など
細菌のバランスのことを
指すようです。

肌にはバリア機能というのがあり、
殺菌や洗顔をしすぎると、
肌を守る常在菌までも取れちゃうよー。

洗顔はほどほどに。

ということは知っていました。

また、

紫外線や乾燥など外的ストレスによって
肌の悪玉菌が優位になると、善玉菌が弱って

バリア機能が低下する、ということらしいです。

バランスのとれた良好な肌状態では、
善玉菌が皮脂を栄養として天然の皮脂膜を作って、
美肌を保つのだとか。

スポンサーリンク

スキンフローラを育てる「ディオール ライフ」発売日2017年6月2日

つまり

「スキンフローラ」を整え、善玉菌を
育てておくと、よい肌環境になる、
というわけですね。

この
「スキンフローラ」「美肌菌」を育てる、というコンセプトで
作られたスキンケア製品が

「ディオール ライフ」シリーズなんですね。

はじめは「美肌菌を育てる」ってなんのこと?
って思ってしまいましたが、

肌環境のことだったんですね。

「スキンフローラケア」で美肌を育てる新発想

「ディオール ライフ」は
美しい肌をつくる常在菌のことを「美肌菌」と呼び、
それを育てるためのスキンケアアイテムで、

植物や果実など80%が自然由来の成分でできているのだとか。

ディオールには「イドラ ライフ」という
保湿効果の高いスキンケア製品がありますが、

その流れをくむ商品群ではないのかなあ、と思います。
しっかり保湿して「美肌菌」を育てる。

新しい発想で、スキンケア製品は進化していますね。

「スキンフローラ」ケアアイテム「ディオール ライフ」価格は

「ディオール ライフ」は
新しい保湿アイテムのラインという感じのようです。

洗顔アイテム、美容液、マスク、クリーム、リムーバーなど9品が
ラインナップされています。

価格帯は、と言いますと、

洗顔パウダーなど
クレンジングアイテムは5,5000~6,500円

マスクは7,000円

美容液やクリームは8,200円

という若干高めの価格ですが
高機能エイジングケア化粧品としては
こんな感じではないでしょうか。

まだ発売前で
公式サイトにものってないため、
正確ではないかもしれませんが

だいたいこんな価格帯になるようですね。

まとめ

◎「ディオール ライフ」6月2日新発売
◎「スキンフローラ、美肌菌を育てる」がコンセプト
◎価格帯は5,500~8,200円

スポンサーリンク

ニベア青缶の顔パックでもちもち美肌!毛穴効果は?美白成分は?