シンプリーストレートとデラックスの違いとは? 価格や使い方?

ブラシ型ヘアアイロンが人気です。ショップジャパン正規品「シンプリーストレート」に「デラックス」も登場しましたね。どう違うのか、どうバージョンアップしたのかずっと気になっていたのですが、価格以外に違いがわからなかったので取扱店にお聞きして公式サイトの仕様と合わせて比較してみました。

シンプリーストレートとデラックスの違い

これがシンプリーストレート

そしてこちらが

シンプリーストレートデラックス

見た目や大きさはほとんど変わりません。

まずは公式サイトで違いをみてみる↓

シンプリーストレートデラックスは海外対応

海外に対応しているのは
デラックスのみです。

海外旅行に持っていくならこちら。

シンプリーストレートデラックスは360°回転コード

360℃回転コードなので
コードがくるくるとからまりません。

シンプリーストレートデラックスはマイナスイオンが発生

シンプリーストレートデラックスは
「マイナスイオン発生」します。

マイナスイオンが発生するから断然ツヤがでるか、
というとそこまでは・・・
という感じでした。

マイナスイオン発生に関しては「好み」かも。

ショップジャパンの方に確認しました

シンプリーストレートとデラックスの違いを
今回あらためてショップジャパン窓口の方に確認しました。

お答えは

海外対応、360°回転コード、マイナスイオン発生
シンプリーストレートデラックスのみです。

とのことでした。

やはり
海外でお使いになる場合はシンプリーストレートデラックス
ということになります。

360°回転コードはコードがからまず動かしやすい
という点が便利といえば便利ですが、

やはり最も大きな差は「海外対応」ですよね。

そして・・・価格。

価格の差は2,000円

シンプリーストレート7,980円(税抜)送料無料
デラックス     9,980円(税抜)送料無料

2,000円の差がありますね。

【シンプリーストレートとデラックスの共通点1】

スーッとブラシを通すだけでサラサラつやつやストレートになる、は同じ

使用目的は同じで、
くせ毛や寝ぐせなどに
スーッとブラシで通すだけで

さらさらつやつやストレートに。
会社に置いておくのであればデラックスでなくても
シンプリーストレートで十分、という気がします。

【シンプリーストレートとデラックスの共通点2】

サイズも重さもほぼ同じのコンパクトタイプ

それではシンプリーストレートとデラックスのサイズを
比較してみましょう。

シンプリーストレート
本体:約 長さ255x幅65x高さ49mm重さ:345g

デラックス
本体:約 長さ260x幅65x高さ49mm重さ:345g

以前はシンプリーストレートデラックスのほうが少しだけ軽くコンパクトでしたが

シンプリーストレートが最近リニューアルされて
サイズがほぼ同じに。
重さに関してはまったく同じになりました。

つまりどちらも
携帯しやすく、ロングヘアだけでなく

ボブやショートでも
使いやすさは同じです。

また、どちらも同じように携帯ケースつきです。

シンプリーストレート詳細を公式サイトでみてみる>>>

【シンプリーストレートとデラックスの共通点3】

温度設定は同じ5段階です

つまり使い方は同じ、ということです。

忙しい朝にもすばやく温まってすぐ使えます。

お好みの温度に調節して使いましょう。

シンプリーストレート&デラックス詳細を公式サイトでみてみる>>>


※シンプリーストレート、デラックスどちらも
非正規ルートの品、コピー品も多いようです。正規品のご購入は公式サイト
ショップジャパンからのご注文がおすすめです。

シンプリーストレートCM

シンプリーストレートの使い方

シンプリーストレートもデラックスも使い方は同じです。

日本で使用するなら、
シンプリーストレートで
いいような気もします。

ただ、

デラックスには
マイナスイオン発生したり
コードがからまないという
メリットも。

前は
デラックスのほうが
ずっとコンパクトだったので

携帯にはデラックス。

だったのですが

今はほぼ同じサイズになったので、

生活スタイルに合わせて

選んでくださればいいのではないかと思います。

ご注文はこちらから>>>

まとめ

シンプリーストレートとデラックスの違いは

デラックスのほうが
○2,000円高い
○マイナスイオンが発生する
○海外対応、360°回転コード

ということでした。

シンプリーストレート全体では

世界820万台販売実績があります。

ダイソン新ドライヤー「エアラップ」の価格や使い方は?先行販売開始