新米・玄米をおいしく炊く・食べる方法!【ソレダメ!ソレマル新常識】


新米のおいしい炊き方・食べ方を「ソレダメ!」ソレマル新常識で本日10月25日に放送されました。新米の季節だけに見逃せない企画ですね。新米ごはんにあうおかず「きりざい」「きのこたらこバター」のレシピも紹介していました。また玄米を無毒化する正しい食べ方も。

スポンサーリンク

新米を炊飯でおいしく炊く方法
【ソレダメ!ソレマル新常識】

1
正確に計量

2
一番最初の水は溜めてから、
ざるにいれた米をつけて
4秒さっと洗う。

※4秒で洗うのが新米のおいしい炊き方のポイント。
ぬかをふくんだ水を
米が吸収してしまうから。

×水を入れながら洗うと

米がとけたぬかを吸ってしまい、おいしくなくなるので

最初の水はとにかくすばやく捨てること。

3
昔のように

がしがし研ぐ、

のではなく洗米はやさしく。

一度目はさっと洗い、
あとは2、3回やさしく洗う。

4
浸水して20分
ざるにあげて20分
ふきんをかけておく

5
水をきちんと計測
「お急ぎモード」で炊くのがポイント。


浸水させてから
普通モードで炊くと、
新米の場合べたつくため。

ごはんのおともに「きりざい」

新潟の郷土料理「きりざい」

納豆・たくあん・野沢菜漬けをきざんであえるだけ。

おいしく炊き上げた新米にぴったりです。

スポンサーリンク

新米を土鍋でおいしく炊く方法
【ソレダメ!ソレマル新常識】



出典:【栗原はるみ/和食器】 ごはん鍋

1
新米150g
水は同量

さっと洗って1時間浸水。

土鍋に入れたら最初の火加減は強火。

これが新米のおいしい炊き方のポイントです。

2
沸騰したら弱火で7分加熱。

3
火を止めたら、

厚手のタオルをかけて10分むらすとパーフェクト!

【ごはんのおともは「きのこのたらこバターいため」】

きのこをバターでいためて
生のたらこをあえるだけ。

おいしく炊き上げた新米によくあいます。

玄米を無毒化しておいしく炊く方法
【ソレダメ!ソレマル新常識】

玄米はしっかり浸水して発芽させないと

毒素を体に取り入れてしまう。

浸水時間は最低12時間以上。

できれば17時間浸水すると

発芽して無毒化します。

「発芽玄米」は無毒。

※浸水時間は室内で日に当てないこと

浸水後はきれいな水で洗います。

12時間以上浸水した玄米を

梅干と粉寒天を入れて炊くと

もちもちとさらにおいしくなる。

また、干ししいたけ

干しひじきを入れて炊くと

おいしい玄米の炊き込みごはんになります。

まとめ

10月25日の「ソレダメ!ソレマル新常識」のテーマは

「新米を美味しく食べる」。

新米・玄米のおいしい炊き方・食べ方を紹介しています。

炊飯器と土鍋

どちらもおいしく炊き上げるコツがあります。

同時に

ご飯にあうおかず

「きりざい」

「きのこのたらこバターいため」レシピも紹介。

また

玄米は浸水することで無毒化する必要がある。

最低でも12~17時間浸水させて

「発芽玄米」にすると「無毒化」します。

洗ってから炊き上げること。

スポンサーリンク