最新ニューロビクスとは?【ビーバップハイヒール】「ぼんやり」で脳が若返る?

(c) .foto project

最新「ニューロビクス」のすすめというテーマを「ビーバップハイヒール」で特集していました。関西ローカルの深夜番組です。「脳のアンチエイジング」?なにそれ?気になりますね。

スポンサーリンク

ニューロビクスとは全米で話題の脳の老化を防ぐ「脳の健康訓練法」

「ニューロビクス」という言葉を
深夜番組「ビーバップハイヒール」ではじめて聞きました。

どうやら脳を休めることで、脳の老化を防ぐことみたい。

認知症やうつの予防にも効果的の
ようなので検索してみました。

「ニューロビクス」意味は「ニューロン(神経細胞)」+「~ビクス」

「ニューロビクス」とは最近誕生した造語です。
検索すると、一冊の本がヒットしました。

「脳を活性化させる65の魔法の習慣
ニューロビクス=新・頭の体操」

もともとは、

この本を書かれた海外の科学者の方々が
作った言葉が由来のようです。

ニューロンは神経細胞のことですから、
それを鍛える、という意味ではないでしょうか。

脳を休めて活性化する、
というもの。

「ニューロビクス」の情報はネット上でさまざま。トータル的ポイントは「脳の休息」

ニューロビクスのやり方や説明は
ネット上では多様で、

それをアレンジしたような本もありましたが

ここではテレビ番組

「ビーバップハイヒール」が紹介した

最新ニューロビクス」をピックアップ。

番組では、
脳って使いすぎると、認知症やうつの原因のひとつにもなるうるらしく、
休ませるべきだと。

なるほど。

たしかにスマホみながら
テレビ見たり、しゃべったりと
現代人の脳ってフル回転ですよね。

スポンサーリンク

ビーバップハイヒールで提案された「最新ニューロビクス」=「ぼんやり」

関西ローカル局ABCが制作している
「ビーバップハイヒール」とは。

ハイヒールモモコ・リンゴさんが司会で
ゲストにチュートリアルやたむけんさんが
出ている深夜の情報番組です。

番組の趣旨をざっくりまとめると

認知症やうつを予防する「最新ニューロビクス」は「ぼんやりすること」

ということでした。

番組での説明によると、

スマホしながらテレビとか、

脳を使いすぎると
前頭葉の働きが低下するそうです。

え、それって、

昔話題になった「ゲーム脳」と同じ?

脳より先に指を使う

「テレビゲーム」により
前頭葉の働きが低下して

やる気がでなかったり、
暴力的になったり、感情の起伏が減少する、
それが原因で

「成績が下がる」と言われてましたよね。

いつしかその話題って消えましたが。

どちらにしろ

スマホやテレビゲームって
認知症やうつの原因のひとつにも
なりうるのかもしれません。

だとしたら・・・

依存するのはやめた方がよさそうですよね。

で、番組では以下の方法を提案しています。

◎エンドウ豆をむいたりプチプチをしてぼんやりしよう
◎昔のアルバムなど過去の写真ながめてぼんやりしよう
◎高台などから風景を見てぼんやりしよう
◎オセロやテニスなど相手のいるゲームでときどぎ脳に刺激
◎グーグルマップなしで目的地へ歩いてみよう

ということです。

「ぼんやり」するのって大切なんですね。

番組ではこの方法はとくに
スランプ脱出にもいいそうで。

考えてもアイデアがでなければ

「ぼんやり」する

と湧く。
ということでした。

お風呂でのんびり浸かっていると

アイデアひらめく

ことが多いですが、関係あるのかも?
とか思いました。

まとめ

◎ニューロビクスとは脳の健康訓練法のこと
◎ニューロビクスとは科学者たちが作った造語
◎ニューロビクスで認知症・うつ・脳の老化を防ぐ
◎最新ニューロビクスをビーバップハイヒールが紹介
◎最新ニューロビクスのポイントは「ぼんやり」すること

スポンサーリンク