vaio s11 2018購入レビュー!女性に優しい重さとサイズ感

vaio s11 2018モデル購入しましたのでレビューします。めちゃくちゃ軽いです。約840g。指でつまんで持てるくらい。コンパクトなので手の小さな女性におすすめです。

ソニーストア

vaio s11 2018購入。レビューします

実家にこられたvaio s11 2018さんをレビューします

こちらが実家の居間に
こられたバイオs11 2018様。

icon

とにかく薄い!

色がカワイイ!

これぞ「ノート」という軽さです。

840gしかありません。

コストコのお菓子と一緒の840gです。

もちろんディスクは入るとこ、ないです。

ユーミンのCDはきけません。

でも

USB、LAN、VGA、HDMI搭載で

大型テレビにつないだり

有線LANでつないだり

プロジェクターにつないだり

いろいろできちゃうそうです。

力の弱い女子でも

絶対に片手で持てます。

いや

指でつまんでも持てる軽さです。

食器で言うとお皿くらいですかね。

わかりにくいか・・・

閉じたらめちゃ薄いですが

開けると後ろがせり上がって
坂になるので打ちやすいです。

起動ボタンは右上。
押すと緑色に光ります。

キーボードはソフトタッチ。

静かでやわらかく打ちやすいです。

キーとキーの距離が近いので
手が小さくても、打ちやすいです。

キーは

タッチに反応して
下から白いライトで照らされるので

夕方暗くなっても、キーがよく見えます。

これはレッツノートLXにない機能ですね。

レッツノートだと夕方になると

「暗・・・」

と電気をつけます。

それはともかく。

ブラウンにはめこまれた黒いキーがおしゃれ。

レッツノートは

どちらかというと男子ビジネスマン向けですが

バイオは女子向けと言えそう。

でも、移動の多い男子は

荷物にならないのでおすすめです。

コアi5です。

第8世代だそうです。

どう違うのかはよくわかりませんが、
すごいらしいです。

安曇野フィニッシュ。

組み立てから仕上げまで長野県で
作ったよ、というカードが入っています。

レッツノートもそうでしたが

外箱もきれいで

本体は埃ひとつありませんでした。

さすがは日本製。

神経質な私は

清潔なのが嬉しくて

箱に入った段階から

テンションあがり

きれい!かわいい!

を連発しました。

箱も小さくてトートバッグに入りますね。

まあ箱ごとバッグに入れるひとはいないですが・・・。

オフィスは2016。

プロダクトキーはスクラッチを削らないと
読めない仕組みです。

こちらが

ベーシックなデザインのスクリーン。

この記事は

バイオs11で書いております。

キータッチが心地よくて打ちやすいです。

実家の和室で使っていますが
陽だまりのカフェで使いたい気も・・・。

女性の小さな手に最適、

とよく言われていますが

たしかにその通りですね。

ディスプレイは11.6型。

持ち運びには薄くて小さいのですが

画面は小さいかも・・・

と思っていましたが、

これが意外。

思ったほど小さくなくて

見やすいです。

液晶表面は

つるつるでなくてマットです。

音声でさくさく設定

なんと設定がめちゃ簡単になっていました。

音声の通りに「はい」と答えれば

たちまち設定完了。

98やビスタのときの設定のたいへんさを
思い出して、

進歩したなー・・・

と感動しました。

これなら高齢の方でも
私のように機械オンチな女子でも
簡単に使い始めることができます。

音声操作もかなり高い精度でできます。

「グーグルを開いて」

「メモを開いて」

「文字を読み上げて」

「スタートアップ」

「画面を閉じて」

お気に入りなどに登録しているサイトも
音声だけで開いたり閉じたり
自由自在。

めちゃ便利な時代になりました。

vaio s11一覧【ビックカメラ】icon

vaio s11 2018購入までのプロセス

昨年11月に

レッツノートLXを購入して使っています。

快適です。

しかし

実家用のノートパソコン

東芝ダイナブック※ウインドウズ7が

壊れたので

もう一台必要となりました。

レッツノートほど

毎日長時間使うわけではないので

もう少し価格抑えめで。

と考えていましたが

それでもレッツノート級の性能が欲しい。。。

ということで

いろいろと検討。

こだわった購入条件、性能はこちら

◆日本製

◆14型~15型

◆SSD

◆コアi5以上

◆8G

◆ウインドウズ10プロ

でした。

ウインドウズ10プロは、

ネット環境が

ドコモのポケットwifiのみなので
ウインドウズ10プロでないと

自動アップデートでギガが勝手に使われすぎる、

と思ったからでした。

ウインドウズ10プロですと

アップデートは自分のタイミングでできるから。

レッツノートは10プロで快適。

しかし!

一説では

自動アップデートといっても、そこまで頻繁ではない・・・

ギガはそこまで減らない。

という噂を聞きました。

はじめの条件では

実家用PCも30万超え

高額レッツノートになるかも、
という感じでしたが

噂を信じて
今回は

ウインドウズ10ホームにして

画面サイズも小さめ、と決めました。

すると、

ぐっと選択支が広がりました。

ちなみにLTEに対応されとります。

実家ではVaioさんは

スマホのギャザリングで接続しています。

SSDは

長時間使っても

「ブーンと鳴らない」

ゆでたまごができそうなほどは
「熱くなりにくい」

ということで必須条件。

4Gだとぐっと価格が下がるのですが

作業しづらい、ということで8Gに。

あるお店で

日本製にこだわり

パソコン工場の場所の質問ばかりしていたら

「いまどき生産国にこだわりすぎなくてもいいですよ~」

とおばさんの店員さんが言いました。

なんかちょっと嫌がられたかも・・・?

というわけで

一旦かえって違う日に

違う店員さんに相談。

そして

長野県安曇野産vaio
VS
鳥取県産富士通ライフブック

のガチンコ勝負となりました。

とにかく、いろいろな点で

検討していたはずなんですが

バイオのブラウンカラーを見たとたん、

カラーが素敵やん!

と速攻でvaioに決定いたしました。

カラーは

ホワイト、ピンク、ブラック、シルバー、ブラウンで展開されとります。

一目で上品なブラウンが気に入った、

というわけで

結局、靴やバッグを買うのと同じく

女性特有の直観的買い物となりました。

ここまでわかればネットでも買えますが

その場で買ってしまいました。

価格は16万円と少し。という感じでした。

ソニーストアならディズニーキャラクターデザインにも
カスタマイズできます!

ソニーストアで見てみる>>>
VAIO(パーソナルコンピューター)
icon

iconvaio s11一覧【楽天】

VAIO STORE

まとめ

vaio s11 2018夏モデルを購入したのでレビューしました。

きれい、かわいい、使いやすい、

軽い、薄い、で、いい感じです。

レッツノートが男子向けなら
こっちは女子ウケPCですね。

ちなみに

レッツノートLXさんはCDディスクあります。