「毒出しうがい」のやり方とは?食後の習慣で歯周病・口臭を防ぐ【名医のTHE 太鼓判】

(c) .foto project

毎食後の「毒出しうがい」に歯周病を防ぐ効果がある、と【名医のTHE 太鼓判】という番組で紹介されました。「毒出しうがい」って?方法は?虫歯・口臭の予防にもなるそうなので調べてみました。

スポンサーリンク

「毒出しうがい」のやり方は簡単!上下左右10回ずつぶくぶくうがいをするだけで汚れがかなりきれいに

以下が

番組で紹介していた方法です。
【毒出しうがいのやり方】

毎食後、
コップの水で
1
上の歯の裏から水をあてるようにぶくぶく10回。で、捨てる。
2
下の歯の裏からに水をあてるようにぶくぶく10回。で、捨てる。
3
次に右をぶくぶく10回。で、捨てる。
4
左もぶくぶく10回。で、捨てる。

以上で完了です。

簡単ですね。
さっそく試してみましたが、
口の中がすっきりする気がしました。

これまで、食べてすぐ歯を磨くと
酸で溶けやすい。などと聞いていたので

食後すぐはそーっとしか
磨けませんでしたが

ぶくぶくうがいなら、エナメル質が
溶けてけずれるーってこともないですよね。

ただ、この「毒出しうがい」、ぶくぶくが弱いと
あまりきれいになりませんでした。

強すぎるのはいけないですが、

少し強めのぶくぶくで食後すっきりさせましょう。

でも、歯垢がとれるわけではないので

やはり寝る前には、しっかり歯磨きした方が
よさそうですね。

「毒出しうがい」の本、先月出版

毒出しうがいの本
がすでに出版されていて驚きました。

本の内容説明を通販サイトで読むと、

食後の正しい「うがい」により、
口の中のバイ菌を減らすことができる、ということ。

口の中のバイ菌は8時間後には歯垢になるといいます。

バイ菌が口の中にあると、

◎歯周病
◎虫歯
◎口臭

の原因となるため、

その予防と改善に毎食後の「毒出しうがい」がおすすめ
という本です。

さらに動脈硬化・糖尿病・認知症・肺炎・花粉症の予防にも

期待できる・・・ってすごいですね。「毒出しうがい」。。。

著者はメディアでもおなじみの歯医者さん、照山 裕子さんです。
照山先生のインタビュー記事を読みましたが

口臭や虫歯予防にもいいとおっしゃっていました。
歯周病予防だけではないのですね。

さらに

【この差って何ですか?】という番組に8月29日に先生がご出演され

さらに詳しくご説明されました。

説明によると

◎うがいをする水の量は

おちょこ一杯程度の20~30ml

少なめの水で高速うがいより

効果的だそうです。

また、お茶うがいもスッキリするとのこと。

◎先生が実践されましたが

上下左右4回吐き出さないで

一度にうがいしてたので

それでもいいんだ!

と思いました。

スポンサーリンク

歯周病を予防して全身の健康をキープ

それにしても、なぜ「うがい」が動脈硬化や認知症の予防に・・・?
と「?」でしたが

どれも歯周病菌と深くかかわっているようです。

歯周病菌が血液の中に入ると

血管の中に炎症を起こして「動脈硬化」の原因のひとつに。

また、
歯周病菌によって記憶をつかさどる海馬に、
アルツハイマーの原因となるタンパク質が増えるとのこと。

「アミロイドβ」のことでしょうか。

また、糖尿病になると
歯周病が一気に進みます、

と前に歯医者さんが言っていたことを思い出しました。

つまり「うがい」だけではなく、

歯周病を防ぐことが体にとって大切なことなのですね。

歯周病は30代以上の多くの人がなっているというデータがあります。

歯周病対策歯磨き粉もさまざまに発売されています。

>>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ
>>>OraPearl(オーラパール)

一日15分の夜の歯磨きに、

食後の「毒出しうがい」を足して

口腔ケアに励みたいと思います。

まとめ

◎バラエティ「名医のTHE太鼓判」で歯周病のお話
◎歯周病を予防するのに「毒出しうがい」が有効と番組で紹介
◎「毒出しうがい」の本が出版されている
◎虫歯・口臭・歯周病の予防ができる
◎糖尿病、肺炎、認知症などの予防にも期待できる
◎「毒出しうがい」のやり方は食後、上下左右10回ずつぶくぶくうがいをするだけでよいので簡単

スポンサーリンク

歯周病対策+美白を1本で2大解決!スゴいアンチエイジング歯磨き粉とは