ためしてガッテン「認知症予防」アミロイドβ排出とマインド食と運動 

(c) .foto project

ためしてガッテン5月17日は最先端「認知症予防」方法。アメリカで発見されたアルツハイマーのメカニズムと画期的な予防方法、食べ物などが紹介されました。

スポンサーリンク

「ためしてガッテン最新認知症予防」は30代40代から

ゲストの指原梨乃さんも

認知症というテーマは

自分はまだ関係ない
と思っていたがそんなことないんだ!

と叫んだアルツハイマーのメカ二ズム。

認知症を発症するには段階があって、
なんと25年前からある物質が脳内に溜まっていき、
それがどんどん蓄積されて
ある日認知症になる、
ということがわかってきました。

人が物事を考えると
脳内に「ある物質」が、ぱらぱら生まれます。

それがカタマリになると
細胞を破壊してアルツハイマーの原因になるのだとか。

「ある物質」の正体は「アミロイドβ」。
しかし通常生まれてもすぐ「排出」されるのが
普通なのですが。。

スポンサーリンク

アミロイドβの排出方法は、「質のよい睡眠」

アメリカのえらい先生が
アルツハイマーのこのメカ二ズムを発見。

人によって脳内に発生した「アミロイドβ」が
「排出」されず溜まっていく。

それによって、20年後、軽度認知症になり、
その約5年後に認知症となることが多いそうです。

「アミロイドβ」が溜まりはじめるのが、認知症になる25年前。

つまり30代40代から、
予防を心がけた方がよいということですよね。

「考えること」により
発生した脳内の「アミロイドβ」を
「排出」しなければっ。

その最大の方法は

「質のよい睡眠」

ということでした。

しっかり眠るとすっきり「排出」するそうです。
徹夜すると「増える」そうです。

わーっっっっっ。

昔から、夜更かし、徹夜が多かった。。。
※でも、昼まで寝てるけど・・・

今夜から早寝早起きしなくてはっっっと思いました。

認知症予防に「マインド食」そして有酸素運動

「ためしてガッテン」ではそのほか
日本の先生による認知症予防を
まとめていました。

◎有酸素運動
◎コミュニケーション
も大切だと。

睡眠に関しては一日6~8時間が理想で
昼寝30分もよいとのこと。

そして現在アメリカで
注目されているのが

「マインド食」

ナッツやベリー、シャケ、ブロッコリー、にんじん、ワイン
などバランスよく食べるのが

『マインド食』と呼ばれるもの

食材を見ると、

活性酸素を除去するものが多いなあ。。。
βカロテンやポリフェノールとか。。

という印象を受けました。

アメリカで注目されている
この「マインド食」は、

まだ日本ではなじみがありません。

これから日本人の食事に合わせて
アレンジしていくようですね。

まとめ

◎アメリカで認知症予防の画期的発見

◎認知症予防は30代40代から
◎原因物質アミロイドβは25年かけて溜まる
◎排出するためには「質のよい睡眠」を
◎認知症予防の食べ物としては「マインド食」が話題
◎有酸素運動も効果的

まだ若いから夜更かししたり、
徹夜したってへっちゃら♪

ではなく、

「頭を使ったら、よく寝る」

「徹夜はしない」

ことが大切なんですね。

スポンサーリンク